朝起きて目を開けようとしても開かない、
そんな経験をされた方もいらっしゃると思います。
原因は目やにが大量に出ていたことで目が開かなかったのです。
洗顔で目の周りを洗い流せば目やにはキレイに落とせます。
しかし、目やにを無理に取ってしまったり何もせずそのままにしてしまうと、
危険なことに繋がることもあります。

今回はコンタクトレンズで目やにが増えたときの主な原因と
対処法についてまとめてみました。
目やにを簡単に説明すると、目の代謝によってできた老廃物やゴミ、
ほこりが混ざってできたものです。
目が覚めて目頭に目やにが少し付いているくらいは自然なことでもあります。

では、コンタクトレンズをすることによって目やにの量に変化はあるのでしょうか。
コンタクトレンズは言い方を変えると目の中に入れる異物なのです。

そのため、目にキズをつけてしまうことが多く目を守ろうとする力から
目やにの量も多くなります。

最近では2weekのレンズもあり、2週間ずっと付けたままの状態になるので
次に付け替える日にちをしっかり把握しておいて下さい。
なるべく清潔を保つためには、ワンデイをオススメします。

また、コンタクトレンズは手で装着するため、ケアをしっかりしないと
細菌も繁殖してしまい細菌性結膜炎になる可能性もあります。
装着をしているときに何か違和感を感じるときは、コンタクトレンズを外して
眼鏡で目を休ませて安静にしておくと治りも早くなります。

重要なことをまとめると、コンタクトレンズの装着期間や時間を守って下さい。
目の調子が悪く目やにが普段より多く感じるときは、
早めにコンタクトレンズを外して眼鏡で様子をみて下さい。
目を洗う洗浄剤で目をキレイに流してあげることも大切です。
コンタクトレンズは日々清潔に使用して下さい。

同じような症状が何日も続いてしまったり、目やにだけでなく
充血や痒みなど他の症状も出てきたときは早めに専門医の診断を受診して下さい。