寝起きで目が痛むという場合は何かしらの病気が
原因かもしれないので注意しないといけません。
目の病気は非常に怖く、場合によっては視力が低下してしまったり
失明する可能性があるので軽視できません。

では、目に痛みを感じるとどのような病気に
かかっている可能性があるのでしょうか?

■ドライアイ
まず、現代人に多くなってきているのが
涙の量が減少することで起こるドライアイという目の病気です。
パソコンやテレビといった強い光を発生させるものを
長時間見続けることがドライアイになる主な原因だといわれています。

ドライアイになると目の痛みの他にも目の乾きや目の違和感、
目の腫れ、目のかゆみといった症状も現われます。
ドライアイになった場合、眼科で処方されるドライアイ用の
目薬を使用することによって症状が軽減します。

■涙のう炎
涙のう炎という涙のうが細菌に感染することによって
引き起こされる目の病気になると痛みを感じることがあります。
鼻の病気になった場合に発症率が高くなり、目の痛み以外にも
目の腫れや膿の発生といった症状も現われます。
このような症状が現れた場合はすぐに眼科行って
適切な処置を受けるようにしてください。

■結膜炎
結膜の炎症によって起こる結膜炎が原因で
目の痛みを発生させることも珍しくありません。
結膜炎は汚れた手で目をこすったり、プールで遊んだ後に
目を洗わなかったりすると発症してしまいます。

目の痛みをはじめ、目の充血や目やに、目のはれ、
目のかゆみといった症状も同時に現われると思ってください。
目を清潔な状態に保つということが予防に繋がり、
仮に結膜炎になってしまった場合は眼科で処方される目薬を使用して治療を行います。

■眼瞼炎
ブドウ球菌やヘルペスウィルスが原因で発症する
眼瞼炎という病気も目の痛みを発生させます。
目の痛みやかゆみ、ただれといった症状を引き起こしますが、
通常は何もしなくても自然に改善していきます。
ただし、あまりにも症状が酷い場合は眼科で治療を受けないと
治らない可能性もあるので注意してください。