赤ちゃんについた目やにをどうやって取ったら良いのか
悩んでいるママさんもいらっしゃると思います。
生まれたばかりの赤ちゃんから目やには出てきます。

寝起きに目頭に少し溜まった程度のものもあれば、
しっかりついていることもあるかもしれません。
どんな目やににしても目へのダメージなく
優しく取り除いてあげたいものです。
上手く取り除く方法をいくつかご紹介したいと思います。

赤ちゃんの目やにをそのままにしておくと、
目の病気でも一番多い結膜炎になる可能性があります。
とくに生後間もない赤ちゃんは病原菌に対応できる免疫力が無いので、
感染症に掛かりやすくなっています。

空気中に存在しているほこりやハウスダストなど
大人の目にはほとんど影響ありませんが、赤ちゃんにはこのような原因から
結膜炎として感染することも考えられます。
絶対ということではなく、深刻に考える必要はありませんが
目やにの量や長く続くようであれば眼科や小児科へ
相談してみてもいいと思います。

大人でも目やにを取る時は手ではなく綿棒や
ティッシュを使うようにと言われています。
赤ちゃんの場合は、濡れたガーゼを使用することが適しています。
目の周りの皮膚はとてもデリケートな部分でもあり、
赤ちゃんの肌はとくに敏感肌となっているので
あまり負担を掛けないように意識して取り除いて下さい。

もし、目やにが固まって取れない状態になっている場合は、
お風呂などの後で目やにが柔らかくなった時に濡れたカーゼで拭き取って下さい。
自分が気をつけることとしては、手をよく洗い清潔な状態にしておく、
新品のガーゼを使用する、強い力を入れない、
この条件は最低でも守って下さい。

目やにをそのままの状態しておくと、どんどん溜まってしまい
赤ちゃんが自分の手で目を擦ったりする傾向があります。
すると、症状は悪化してしまい目の病気へと発展してしまうことがあります。

起きたときに昨日まで目やには無かったのに、
何で今日はあるのとビックリされてしまう方もいるかもしれませんが、
赤ちゃんは目やにが多いと思っていて下さい。

ママが不安にあってしまうと、その気持ちは赤ちゃんにまで気づかれてしまいます。
落ち着いて行動すれば大丈夫なので、ママがしっかり赤ちゃんを
サポートして上げて下さい。

スポンサードリンク