一般的な目やにの取り方として注意して欲しい点がいくつかあります。
一番は目やにを取り除くときは手で無理に取るのではなく、
清潔な綿棒やティッシュ、コットンなどを使ってゆっくり拭き取って下さい。

乾いて取りにくい状態になっていることもあると思います。
それでも無理矢理取り除いてしまおうとすると、
目の周りの皮膚を傷つけてしまうこともあります。

目の周りはとてもデリケートな皮膚なので、十分に注意して下さい。
水やお湯などで少し湿らせてから取り除くとキレイにできます。
目やにを触った手から感染することもあるので、
取り除いた後の手洗いは石けんなどを使ってしっかり行って下さい。

眼科を受診された方で点眼薬を処方された方は使い、
市販の目薬を使っている方も目の清潔感を保って下さい。
目やにには細菌がいることもあるので、繁殖させないためにも
点眼薬の先はまぶたに付けないように使うといいでしょう。
正しい点眼方法で治療を行い、少しでも早く目やにが
無くなるように治療をして下さい。

寝起きに目やにが付いていることで悩みを抱えている方も多いと思います。
目やにが出ることはまぶたからの老廃物やほこりなどが混ざり合ってできます。
外見からはどうしても清潔なイメージは感じられず良い印象ではありません。

日常的に目やにが出ることは自然なことなので問題はありませんが、
もしかしたら目やにと一緒に目の痛みや充血などの症状がある場合は
目の病気の可能性もあります。
目やにはまばたきをするときの涙と一緒に老廃物も流されていますが、
寝ている間はまばたきをしないので起きたときに目やにが
目頭に付いていることもあります。

鏡で見ても気にならない程度の目やにの量なら問題はありません。
しかし、いつもよりも大量に目やにが出ていたり、
変わった色や膿の様な目やにが出ている、
目やにが長く続いて出ているような症状がある場合はそのままにしておくと
症状を悪化させて目の病気になる可能性があります。

目やにがいつもと違うと感じるときは、目の病気のサインと思って下さい。
目が合図を送ってくれている状態となっているので、
なるべく早い専門医の診断を受けてみて下さい。

スポンサードリンク