現代の生活ではTVやパソコン、携帯電話やゲームなど
何かと液晶画面を見る機会が増えてきていることが分かります。
画面を見ている間はまばたきをする回数が少なくなってしまうので、
涙が目の表面に十分行き渡らなくなってしまいます。

その分け目にも大きな負担が掛かってしまい目を休ませる暇もありません。
日常的に繰り返していると、目が乾きやすくショボショボとしてきたり、
物がぼやけたりかすんで見えたり、二重になって見えることもあります。
このような症状が出てきた原因は疲れ目にあります。

疲れ目と聞くと、ただ目が疲れているだけと簡単に思われがちですが、
これは目からのサインでもあって目に十分な休憩や睡眠を
取って疲れを解消して下さい。

疲れ目の原因には眼鏡やコンタクトレンズが
合わないことも関係しています。
度数を矯正していても、目が悪いと少しずつ
合わなくなってくることがあります。
無理に度数を合わせようと眼鏡やコンタクトレンズを変えてから、
目に負担が掛かって疲れ目の原因となることもあります。

また、目をいつも使っているからということだけが原因ではありません。
ストレスや運動不足でも疲れ目になることはあります。
自律神経の働きのバランスが悪くなって目の疲れが起こることがあるので、
ストレスを溜め込まず、身体を動かしてみて下さい。

疲れ目の状態でそのままにしておいたり、休憩や睡眠を取っても
目の疲れや痛みが続くときは、目の病気でもある眼精疲労に
なっている可能性があります。

眼精疲労になると、疲れ目の症状が悪化し頭痛や肩こりがひどく、
吐き気や全身への倦怠感など様々な症状が出てきて
精神的にも苦痛となります。

ほかの病気の影響も考えられるので、結膜炎やものもらいが
起きている場合は目やになどの症状も出てきます。
目やにの原因としては、結膜炎やものもらいの特徴でもあります。
疲れ目と同時に目やにの量が多いと感じた場合は、
専門医への診断を受けて治療して下さい。

疲れ目からドライアイになる人がとても多いです。
目の乾きや目が重く感じる、痛みや充血、慢性的な疲労感や
不快感といった症状まで表れてきます。
少しでも生活に気をつけ、目に負担を掛けないように予防して下さい。

スポンサードリンク